• 比較リストに追加する

RTX AI ソフトウェア パック

Leadtek RTX AIソフトウェアパックは、AIプロジェクトで使用されるすべての解析コンポーネントを統合したツールキットです。
 
オペレーティングシステム、GPUドライバ、CUDAツールキット、ディープラーニングライブラリ、各種ディープラーニングや機械学習フレームワークなど、完全な開発環境がプリインストールされています。

GDMS_LOGO
 

Leadtek RTX AIソフトウェアパックは、AIプロジェクトで使用されるすべての解析コンポーネントを統合したツールキットです。
オペレーティングシステム、GPUドライバ、CUDAツールキット、ディープラーニングライブラリ、各種ディープラーニングや機械学習フレームワークなど、完全な開発環境がプリインストールされていますので、あらゆる種類のAI研究プロジェクトやビッグデータ開発タスクを、システム起動後すぐに開始することができます。
尚、GPUワークステーションとサーバーは、ハードウェアとソフトウェアが最適化されているため、面倒なインストールプロセスが不要です。更に、Leadtek GDMS(GPU Docker マネージメント システム)と組み合わせることで、AIプロジェクトとGPUリソースをより効率的に管理できるというメリットをもたらします。

 

即時にAIを導入

プリインストールされたシステムをワンクリックで開始

検証と起動後に、オペレーティングシステム、GPUドライバ、CUDAツールキット、cuDNN、NCCL、nvidia-dockerパッケージ、NVIDIA DCGMが自動的にインストールされます。
これにより、GPUやAIプロジェクト環境での面倒なインストールやデバッグ作業が回避できるため、研究者は開発プロジェクトを迅速に開始することができます。


ワンクリックでシステムを復元

問題が発生した場合、復元機能によりシステムを工場出荷時の初期状態に戻すことで、システムの点検やソフトウェアの再インストールにかかる時間を短縮することができます。

最高の仮想プラットフォーム


最新のAI開発フレームワークをサポート

本ソフトウェアには、NVIDIA NGCによって最適化されたAI開発フレームワークを含む、最も人気のある12種類のディープラーニングおよび機械学習フレームワークがあらかじめ組み込まれています。
また、このソフトウェアには、開発環境の検証作業を容易にするフレームワークテストウィンドウも備えています。

システムGPUのモニタリング

このソフトウェアは、GPUとGPUメモリの実行と健全性の状態を監視することができ、監視記録をエクスポートしてアーカイブすることができます。 これにより、実行中のGPUハードウェアリソースとGPUの状態を明確に把握することができます。


Leadtek GDMS(GPU Docker マネージメントシステム) をサポート

GDMSで管理されるGPUシステムになることで、Leadtek GDMSを通じてGPUリソースをより効果的に管理、割り当て、活用することができます。この統合ソリューションは、企業のAIプロジェクト管理、Ai教室や研究チームに最適です。


RTX AI ソフトウェア パック デスクトップ

  • 整理されたユーザーインターフェイス
  • 最新のディープラーニングおよび機械学習フレームワークをサポート
  • 簡単なコマンドでAI開発プロジェクト環境を開始

すぐに AI 開発を開始可能な

WinFast GPU ワークステーション
および サーバー

AI Deep Learning ソリューション

詳細は、こちら

仕様 説明

推奨 システム要件

RTX AIソフトウェアには、以下のような最低限の仕様が必須。(性能は実際のワークロードと利用可能なハードウェアリソースに依存)
  • CPU: シングル または デュアル Intel® Xeon® プロセッサ
  • メモリ: 16GB 以上
  • ストレージ: システムドライバー用に512GB SSD、データドライブ用に2TB HDD
  • 少なくともNVIDIA GPUカード 1枚
RTX AI
ユーティリティ
RTX
AI ソフトウェア
の操作モード
ソフトウェアエンジニア、データサイエンティスト、AIの専門家がワークステーションとサーバーをローカルまたはリモートで操作できるようにします。
  • ローカル操作(ワークステーションモード):
    Ubuntuデスクトップを介してローカルのワークステーションを直接操作し、AI開発/トレーニングを実行
  • リモート操作(サーバーモード):
    SSH接続を使用して、AI開発/トレーニングのためにサーバをリモートで操作
フレームワーク診断 選択したDL/MLフレームワークを実行し、それをテストモデルで実行して、それが有効で使用可能であるかを検証
GPUの
モニタリング / ログ
瞬時にGPUとGPUメモリの健全性を監視し、ログを記録
GPU テスト ツール コンテナ内のGPUのハードウェア状態をテストするためのCUDAテストツール
Jupyter Notebook Dockerコンテナにソースコードを書き込んだり、反復するための統合されたWebベースの対話型開発ツール
ソフトウェア
コンポーネント
バージョン
使用するシステムコマンドをあらかじめ定義しておくことで、現在のソフトウェアのバージョンを表示するための便利なツール
Leadtek GDMSサーバーへの対応 GDMS管理者が管理するGPUリソースの割り当てをサポートするGDMSエージェントを組み込みます。
この機能はGDMSサーバで展開された場合のみ有効です。

システム 復元

ワンクリックでシステムを工場出荷時の初期状態に復元
レスキュー ディスク システムが起動できない場合、ブートドライブを再構築し、システムを工場出荷時の初期状態に戻す
RTX
AI フレームワーク
Chainer、TensorFlow、PyTorch、NVIDIA DIGITS、NVIDIA CUDA、NVIDIA Caffe、NVIDIA MxNet、NVIDIA PyTorch、NVIDIA TensorFlow、NVIDIA TensorRT、NVIDIA TensorRT Server、NVIDIA RAPIDS
RTX AI ベース
コンポーネント
Ubuntu デスクトップ OS v18.04 LTS、NVIDIA CUDA、NVIDIA cuDNN、NVIDIA NCCL、NVIDIA Docker、Docker エンジン、NVIDIA DCGM Fabric Manager 、NVIDIA ドライバ
対応言語
(UI およびキーボードレイアウト)
英語、日本語 (RTX AIユーティリティでは英語のみ)


  • 本サイトに掲載される製品の仕様および情報等は、改良のため予告なしに変更される場合がございます。本サイトに掲載される製品の写真等は、実際の製品と異なる場合がございます。
  • 本サイトに掲載される製品仕様は参照のためだけのもので、実際の製品仕様は、実製品に依存します。そして、Leadtekはいつでも予告なしに内容の変更、または改訂する権利を保有します。販売されている国により、製品内容/仕様が違う場合がございます。実製品情報は、販売代理店へご確認ください。
  • 本サイトに掲載される、アダプター、ケーブル、およびソフトウェアは、参照のためだけのものです。そして、Leadtekはいつでも予告なしに内容を変更する権利を保有します。
  • 本サイトに掲載される会社名、商品名、およびロゴは各社の商標または登録商標です。